ゆっくりいきましょうよ


by sonneyoko

春分の日なので

2年前の春分の日、ぽかぽか陽気のもとリストランテASOで結婚式を挙げました。たくさんの大事な人たちと、この日トウキョウに開花宣言が出された桜に見守ってもらい夫婦となった日。改めて、参列してくれた皆さま、心からありがとうございました

さて。結婚(入籍)記念日は9月の秋分の日だけど、春分の日も私たちにとっては超重要な位置付け。そんなわけで、dinnerはひでが予約しておいてくれた恵比寿のポルセッコにて。嬉しい。
e0142283_2125496.jpg
アミューズ。スモークドめかじき最高ー!サーモンとヨーグルトのムースも珍しくてとっても深い味。
e0142283_213749.jpg
ここのバーニャカウダが大好きなのーー。ソースに柚子が入ってるのがポイント。菜の花やアスパラなど、春野菜テンコモリ!
e0142283_2132362.jpg
バジルを練りこんだパスタ、贅沢な海の幸と一緒に。いい~お味♪びっくりしたのは、マテガイという貝!真ん中にある、長っぽそいのがそれ。貝殻自体は長さ10センチくらいなんだけど、調理された中身は15センチある!!なんとまぁーー。見た目はグロテスクだったけどさっぱりしててクセの無い、食べやすい貝でしたん。
e0142283_213328.jpg
ひでの選んだパスタ、生うにが乗ってます。

ポルセッコは、去年の入籍記念日にも訪れた場所。席に着くなり、店長らしき風貌の素敵な女性に「去年のランチにいらしていただきましたね」と声をかけていただいた♪しかも前回、「今日の記念日にはこれからどこかへ行かれるのですか?」と聞かれて普通に「髪を切りに行きます。」と答えたことも憶えていらしたという驚愕の記憶力ー!

あまりに興奮して「前回は結婚記念日だったんです!今回は結婚<式>記念日なんです!」とうっかりアピールしてしまったらデザートはこうしてくれました↓
e0142283_2134339.jpg
こうやって、記念日に決まって食事をするレストランに行き着くことが出来たのは嬉しいことなり。(と言ってもまだ2回目だけどね。)

イタリアの田舎料理というコンセプトのこのレストラン、味はちょい濃い目だけど特にランチはコストパフォーマンス高めでオススメです★★★ほしみっつ!

余談だけど、「春分の日」についてプチ情報。

私たちの結婚式は2006年の春分の日、日付は3月21日だった。「3月21日は毎年祝日だから記念日として最高だわー♪」などと言っていたものの、今年は、・・・アレ??今日春分の日は、3月20日。なぜ??

で、ウィキペディア氏によると、

『2025年までは、うるう年とその翌年が3月20日で、それ以外は3月21日。』

つまり2025年までは、20日と21日と半々ってわけねー。同じく秋分の日も、9月22日と23日で変動するらしい。知らなかったってば!

ひでの友達で、私たちの例を聞いて「2008年の3月21日に入籍、同年9月23日に結婚式を挙げることにしたよ。なぜなら毎年、春分&秋分の日でお休みだから!」っていうカップルが居た。あっちゃー。結局、今日入籍したんかな。明日かな。ごみんね。

人生、適応能力って大事よね。ってわけで、今後うちらの結婚(入籍)記念日は「秋分の日」、結婚<式>記念日は「春分の日」にすることに。いいよね。
[PR]
by sonneyoko | 2008-03-20 23:51 | だいじなひとと*いいおみせ