ゆっくりいきましょうよ


by sonneyoko

入院中の 姉妹の様子 #1

e0142283_1017197.jpg
母から送られてきた写真がとても微笑ましい!ふたりで肩を並べて何をしてるのかなぁ。


さて、まずは日菜子さん。

058.gif私が入院した朝。
入院準備せな!と、子供たちの口封じにドラえもんのテレビを付けていた。
『日菜子が幼稚園に行ってから、ママは病院に行ってくるね。』
と言っても、ドラえもんから目を離さず
『うん、わかったー』

幼稚園後実家へ帰っても、ただただあかりに
『今日も明日もその次もママは居ないけど、ねーねと一緒にここでお泊まりなんだよ。』
と言い聞かせていたそう。

そこまでは落ち着いていたものの、立会いを終えて実家に寄ったひでが帰ってしまったあと、まさかの号泣!
『パパー!パパー!パパと一緒におうちに帰るー!』
とひとしきり泣いてから眠りに就いたそう。

…よ、予想外デス。

058.gif翌日。

この日から、実家のご近所に住む大好きな幼馴染・晴真の家の前から園バスの乗降。これは日菜子にとって最高のシチュエーション!
e0142283_10172198.jpg
さゆりちゃんから楽しそうな写真が送られてきました。

ありがたいなぁ。

で、幼稚園から帰ってくるなり、その足でじぃじと一緒に面会に来てくれた!
e0142283_10172291.jpg
全身泥んこのままで♩
汗にまみれたままでー♩
e0142283_10172386.jpg

e0142283_10172461.jpg
子供はベビーと同じ空間に入れないので、ガラス越しの対面です。

ちっちゃーい!
かわいいー!
と、悶絶する長女。
これから宜しくね。
e0142283_1017255.jpg
その後ひでの両親も来てくれて、みんなでしばしお喋り。

日菜子は私がいくら話しかけても、そんな会話などそっちのけで談話室にあった昔話短編集に夢中だったので、いやーあっさりしてるなー、なんて思ってた。

夏希のミルクの時間が近かったので、
『そのお話を読み終わったらバイバイしようね。』
『はーい』

そしていざ、ではおうちに帰ろう、という雰囲気になった途端。

『…ママと一緒に帰る。』


!(◎_◎;)!

私と目も合わせないまま、腕をぎゅーーーっと掴み、離さない。

立ち上がっても、体にしがみつき。

しばらくギューギュー抱っこして、
『10 数えたらバイバイしようね。』
『いや。30。』
ゆーーーっくり30をカウント。

でも離れない。

泣き始めました。
泣き崩れ始めました。

そこからは、院内に響き渡る大声で、大号泣。

ママと一緒に帰るー!
ママと一緒に帰るーー!
なんで赤ちゃん産んだのにまだ帰れないのー!
いや、いやぁぁぁぁーー!!
ママ、ママぁぁぁーーー!!!

3、40分は泣いてたでしょうか。

そのまま泣き続けると眠ってしまいそうだったので、最後はエレベーターへ強制連行。
うっちゃんばぁばが実家まで抱っこして連れて帰ってくれました…。


いやぁ、これまた予想外でした。

いつもはあかりがイヤイヤ言ってるし何かあればあかりが先に泣き始めてるから、日菜子は寂しくても泣くチャンスが無かったんだなぁと気付く。

今日はあかりも居なかったから、自分のタイミングで泣けたんだね。

普段、いっぱい我慢してるんだ。

私まで泣けてきました。

それにしてもここまでとは、母冥利に尽きるってもんです。

その後、母からの報告メール。

『あれから日菜子は大声で30分ほど泣き続け、最後は、ママの所に行く、〜ママに帰って来て欲しい、〜明日帰って来て欲しい、最後は、パパに電話してと言いながら眠ってしました。

8時過ぎに目を覚ました時はお腹が空いたと言って、機嫌も直っていました。寝る前には、自分から明日はママには会いに行かないからメールをすると言ってご機嫌で休みました。

目を腫らしていましたが、今朝はいつも通りの日菜子です。』
e0142283_10172655.jpg
いつも『お姉ちゃん役』を頑張ってしまっている日菜子。
たまには、ガス抜きしてあげないとなぁ。
日菜子の心の声にぐっと耳を傾けていかなきゃな、と思った出来事でした。
e0142283_10172913.jpg




そして、次女 あかりさん。

058.gif入院の日。

実家へ強制連行され、しばらくはママのところに行くー!!と泣き喚いていたそう。

でもグミを食べたら落ち着いて、それからは
『ママはビョーイン。パパはカイシャ。』
と自分に言い聞かせていたとのこと。
e0142283_10172743.jpg
びよよーーーん。

夜、寝かしつけで苦労するかと思いきや、コロコロ転がりながらスーッと寝たそうです。
夜中ママーと目が覚めても、なんだかんだ言いながらまたコテッと寝るとか。

058.gif翌日。

目が覚めるなり、ママのところに行くー!一ひとりで行くー!と大騒ぎ。

でもしばらくすると落ち着いて、たまに
『ママはどこー?』
と言うものの、病院だよと伝えると、
『そっかぁ。会いたいなー』
と言いながらリンゴをシャリシャリかじっているとな。

それからは殆ど、『ママ』の一言もないそう笑。

こっちはこっちで、これまた予想外。
e0142283_10172830.jpg
あかりが折り紙で大量に作ってくれたのは、海老フライ だって。
ひでが、一個ちょうだーいって言ったら、
『だめ!ママにあげるんだもん!』
って。

トウモロコシを山羊に狙われた時のメイちゃんみたい♩
e0142283_10173183.jpg
ちなみに日菜子の大号泣は、まさにこのシーンとカブりました。
e0142283_10173234.jpg
普段からしっかり者とされ、自分が頑張らなくちゃ。と明るく振る舞うお姉ちゃんだけど、実は心の奥底には不安や緊張を抱えていて。
そんな思いが溜まりに溜まって、妹のいないところで、堰を切ったように泣き出してしまう場面。

さつきちゃんは4年生、日菜子は5歳だけど、この感じは全く同じ。
e0142283_10173377.jpg
ひでと、さつきメイのお父さんもよく似てる!
e0142283_1017343.jpg
この女神のようなお母さんと私だけは、まるで正反対ーー!(残念賞)


話が逸れました。


あかりを産んだ時には、毎日病室でひなこにお手紙を書きました。

今回も、日菜子あかりそれぞれに書くつもりで、ふたりが大好きな動物のハガキをたくさん持参。
e0142283_10173534.jpg
手紙を読むことで逆に寂しくならないよう、でも明るいばかりで軽々しくならないよう(私の適当さや手抜きは日菜子にはバレる)、それでいてきちんと想いは込めたくて、特に日菜子への手紙には時間がかかります。

あかりへの手紙には適当にアンパンマンを描いたりしています笑。

夜、面会に来てくれたひでに託し、実家の郵便受けに入れておいてもらってる。


最後に、
宝物のようなメールを残す手段として、ここにじぃじから今朝届いたメールを。

『今夜日菜子に「明日はゴルフに行くんだ」と言ったら「ジイジ腰は大丈夫なの?」だって!!今朝から腰が痛いとは言ってたけど、腰とゴルフを結びつけたのにはビックリしたけど優しい子だね。
それからママの帰りを指折り数えて待ってる感じです。あかりに「ママは月曜日に帰ってくるから、今日は金曜日だから、金曜日と土曜日と日曜日の三回寝たら帰ってくるんだよ」と嬉しそうに説明してました。あかりは良く分からなかったようだけど「わーい」って喜んでました。以上報告でした。康二』



早く、ふたりに会いたいな。
e0142283_10243797.jpg

[PR]
by sonneyoko | 2015-05-29 06:04